SSブログ

ドレス・コード? 着る人たちのゲーム [アート&デザイン]

京都国立近代美術館で「ドレス・コード? 着る人たちのゲーム」を観てきました。

20190901 ドレス・コード?1.jpg
この展覧会も第25回国際博物館会議(ICOM)京都大会にあわせて開催

「今日着ている服、あなたはどうやって選びましたか?」

「着る」ということは、身体を保護するという機能的な意味だけでなく、「視る/視られる」対象として、社会生活における自己と他者の関係性の構築に一定の役割を持つ、いわゆるコミュニケーション手段でもあります。

今どんな気分か、これから何をするか、どこへ行くか、誰と会うか、自分がどう見られたいか。
私も毎日、日によっては一日のうちでも何回か、着るものを選んでいます。

本展は、現代社会における〈ドレス・コード〉をめぐる、わたしたちの装いの実践=ゲームについて見つめ直す内容です。

会場構成は次のとおり。
0 裸で外を歩いてはいけない?
1 高貴なふるまいをしなければならない?
2 組織のルールを守らなければならない?
3 働かざる者、着るべからず? 
4 生き残りをかけて闘わなければならない?
5 見極める眼を持たねばならない?
6 教養は身につけなければならない?
7 服は意志をもって選ばなければならない?
8 他人の眼を気にしなければならない?
9 大人の言うことを聞いてはいけない?
10 誰もがファッショナブルである?
11 ファッションは終わりのないゲームである?
12 与えよ、さらば与えられん?

20190901 ドレス・コード?2.jpg
メインビジュアルの服はCOMME des GARÇONS 2018年春夏、京都服飾文化研究財団蔵


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。