SSブログ

美人画の雪月花 [アート&デザイン]

金沢21世紀美術館 市民ギャラリーAで、培広庵コレクション「美人画の雪月花」を観てきました。

 20200816 美人画の雪月花.jpg  

江戸時代に開花した浮世絵に端を発し、明治時代に誕生し、大正時代に黄金期を迎え、昭和時代へと続き現在も人々の心を魅了している「美人画」と呼ばれる華やかなジャンル。

「培広庵(ばいこうあん)コレクション」は、こうした黄金期を中心とした明治から昭和までの「美人画」の移り変わりを網羅した、日本有数の美人画コレクションです。

本展では、上村松園、鏑木清方、伊東深水をはじめ、伊藤小坡、竹久夢二、島成園のほか、郷土出身の北野恒富、紺谷光俊、廣田百豊など「美人画」の作家54名の秀作約80点が一堂に紹介され、会場は華やかさで満ちていました。

会場構成は、「春」「夏」「秋」「冬」の四季。
近代に花開いた「美人画」と四季の移ろい「雪月花」が織りなす、華麗な日本の美の世界が繰り広げられています。

美人画を見る楽しみは、着物や帯の絵柄とその組合せ、年齢や職業(遊女、舞妓など)によって異なる髪型や簪などの髪飾り、四季折々の室内の設えや調度品など。
そう、美人であるかどうかは実は問題ではないのです、私の鑑賞においては。


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。