SSブログ

金沢学 2021年7月講座「豪雪、豪雨、そして地震 ~金沢の自然災害と防災を考える~」 [学ぶ・読む]

市民公開講座「金沢学」の2021年度7月講座の演題は「豪雪、豪雨、そして地震 ~金沢の自然災害と防災を考える~」
講師は宮島昌克氏(金沢大学 理工研究域地球社会基盤学系 教授)

簡単に受講メモ。

●防災:平常時に災害時のことを考える
 「北陸は災害の無い、済み良いところ」と言うのは、根拠のない安全神話
 北陸の自然災害(過去の事例)を知り、他地域で発生した災害事例から学び、想像力を発揮して備えることが大事

●豪雪
 等圧線の間隔が狭いと(西から吹く強い季節風)山雪型、間隔が広いと(弱い季節風)里雪型
 18年周期で豪雪発生(38豪雪、56豪雪)・・・最近は積雪量(根雪)が減少
 積雪被害の変化:かつては家屋倒壊→車社会になり交通マヒ→高齢社会になり除雪中の事故
 低温による水道被害:空き家問題(過疎化で留守宅の屋外給水管の凍結・破損による断水)

●豪雨・土砂災害
 河川の上流の降雨量(外水氾濫)、水位(内水氾濫)に注意
 降り始めからの降雨量(200mm/時を超えると危ない)、三日間降水量に注意
 
●地震・津波被害
 石川県は有感地震が少ないため、備えができていない
 金沢で今後30年以内にM7.2(兵庫県南部地震はM7.3)の地震発生確率2~8%(高い!)
  南海地震、東南海地震の発生確率はもっと高い(40~50%程度)
  火災に罹災する確率は2%、交通事故で死亡する確率は0.2%
 硬い地盤より軟弱地盤のほうが揺れが大きい
 津波はリアス式海岸だけではない(日本海でも50年に1回は4mを超える津波発生あり)

●防災を考える
 公助(=防災は国・自治体が行うもの)→共助、自助(=自分の命は自分で守らねば!)
 ハザードマップはリスクを知るものであり、安心を得るものではない
 最悪の状況を想定(想像)して対応を準備することが大事!(防火・防犯と同様に防災も!)


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

タグ:自然災害
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ワクチン接種1回目ラッキー財布 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。