SSブログ

スウィート・シング [映画]

香林坊シネモンドで、「スウィート・シング」を観てきました。

     20220116 Sweet Thing.jpg

原題:Sweet Thing
2020年製作/91分/アメリカ

米インディーズのカリスマ、アレクサンダー・ロックウェル監督の25年ぶりの日本公開作品。

<あらすじ(公式サイトより)>
普段は優しいが酒を飲むと人が変わる父アダム。
家を出て行った母親イヴ。
頼る大人がいないビリーとニコの姉弟。
ある日出会った少年マリクとともに、彼らは逃走と冒険の旅に出る!
世界はとても悲しい。でも、幸福な1日はある。その1日がずっと長く続きますように。

主人公の姉弟にはロックウェル監督の実の娘ラナと息子のニコ。母親イヴを実際のパートナーであるカリン・パーソンズが演じている。

終盤、子どもたち三人が線路上を歩くシーンは映画『Stand By Me』へのオマージュ。
劇中に流れるビリー・ホリデイなどの音楽やモノクローム映像と相まって懐かしさを感じさせる。


最近、テレビドラマや映画を観ていて自覚したこと。
私が嫌いな(イライラする)人間のタイプ=ずるい人、頭の悪い人、だらしない人。
これって、自分の抑圧された欲望・行動のアンチテーゼかしら。


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
四連勤大九州展 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。