SSブログ

OEK 和洋の響 II 〜能舞とオーケストラ〜 [音楽・オペラ]

石川県立音楽堂 コンサートホールで、 「OEK 和洋の響 II 〜能舞とオーケストラ〜」を聴いてきました。

 20220208 OEK和洋の響.jpg
 (S席 1階席12列10番 5000円 上演2時間) 客席に空きが目立ったのが寂しい感じ

昨年鑑賞して良かった、オーケストラ・アンサンブル金沢の「和」と「洋」のコラボレーション上演を今年も鑑賞しました。

今回は、邦楽器と管弦楽のための新旧2作の演奏と、ノルウェーを代表する作曲家グリーグが、同じくノルウェーの劇作家イプセンから依頼された「ペール・ギュント」の劇音楽(組曲版)に、物語の朗読付きで。

<プログラム>
北方喜旺(きたかた ひろたけ)「随喜乃涙(ずいきのなみだ)」 ※新作初演
 能舞:渡邊荀之助(宝生流能楽師)
 筝(そう):元井美智子

 「能舞とオーケストラ」作品募集に応募があった5作品から優秀作品に選ばれた作品。
 石川県出身、金沢市在住ということで、私のすぐそばの席に座っていらっしゃいましたが、休憩時間や終演後に友人・知人からお祝いの声がかけられていました。

鈴木行一 篳篥とオーケストラのための「森と星々の河」
 篳篥(ひちりき):中村仁美

グリーグ ペール・ギュント組曲 作品46, 55(抜粋、語り付き)
 語り:石丸幹二 第1幕~第5幕(台本:新井鷗子)
 ミュージカル俳優でもある石丸さんは、譜面を見ながら語りを入れるタイミングを計っているとのこと。広上マエストロいわく、指揮者にとってはタイミング出しをする必要がなく、安心して指揮ができるらしいです。なるほど~

 第2組曲・第4曲 ソルウェイグの歌より
 第2組曲・第1曲 花嫁の略奪とイングリッドの嘆き
 第1組曲・第4曲 山の魔王の宮殿にて
 第1組曲・第2曲 オーゼの死
 第1組曲・第1曲 朝の気分
 第2組曲・第2曲 アラビアの踊り
 第1組曲・第3曲 アニトラの踊り
 第2組曲・第3曲 ペール・ギュントの帰郷
 第2組曲・第4曲 ソルウェイグの歌

今回も演奏の間に、池辺晋一郎さん(監修・案内役)と広上淳一マエストロ(2022年9月よりOEKのアーティスティック・リーダーに就任)との軽妙なおしゃべりが繰り広げられました。


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。