SSブログ

宮本浩次 TOUR 2021〜2022 日本全国縦横無尽 [音楽・オペラ]

富山オーバード・ホール(富山市芸術文化ホール)で「宮本浩次 TOUR 2021〜2022 日本全国縦横無尽」を聴いてきました。

  20220305 宮本浩次コンサート.JPG
  (5階席D列10番 9000円 かなりの角度で見下ろす席 双眼鏡持参必須)

中高時代の同級生Mちゃんが抽選で取ってくれたチケットで富山に遠征しました。

宮本浩次さん、55歳であの純粋さにキュンです。
跳びはねて、寝転んで、くるくる回って、髪を搔きむしって、大きく両腕を開いて、ガニ股で身をかがめて、内股で天を仰ぎ見て。
タイトルどおり、ステージ上を縦横無尽に動き回ります。

そして、キーボード兼プロデューサーの小林武史さん(62歳)の、ドッシリとサポートしているオーラも素敵でした。

第一部
●光の世界 ※
●夜明けのうた(テレ東「ガイアの夜明け」テーマ曲)
●stranger ※
●異邦人(カバー 久保田早紀)
●君に会いたい -dance with you-(高橋一生に提供のセルフカバー)
●化粧(カバー 桜田淳子・中島みゆき)
●春なのに(カバー 柏原芳恵)
●shining ※
●獣ゆく細道(椎名林檎とのデュエット 日テレ「news zero」テーマ曲)
●ロマンス(カバー 岩崎宏美)
●冬の花(ソロデビュー曲)
●悲しみの果て(エレファントカシマシ)
●sha・la・la・la ※
●浮世小路のblues ※
第二部
●passion ※
●ガストロンジャー(エレファントカシマシ)
●風に吹かれて(エレファントカシマシ)
●今宵の月のように(エレファントカシマシ)
●あなたのやさしさをオレは何に例えよう(エレファントカシマシ)
●この道の先で ※
●十六夜の月 ※
●rain -愛だけを信じて- ※
●P.S. I love you ※
<アンコール>
●木綿のハンカチーフ(カバー 太田裕美)
●ハレルヤ(テレ朝ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」主題歌)

10月に発売されたアルバム「縦横無尽」からの曲(※)以外に、女性歌手のカバーやエレカシの曲もあってうれしかった~(Birthday完全版DVDに収録されている曲も)
二時間、ほとんど休憩なしで歌いまくり。心の底から歌うことが好きなのね~

いつもの黒のジャケットにスリムパンツ。
第一部は白シャツに黒ネクタイで登場。第二部は赤シャツに着替え、アンコールは黒シャツ、というのは私の予想どおりでした。

【おまけ】
コンサートの前に腹ごしらえは、やっぱり寿司でしょ~

 富山駅構内の氷見きときと寿しにて 美味しい~
 20220305 きときと寿し2.jpg
 貝三種、白魚、イカ三種、白海老の昆布締め、筍とワカメの味噌汁 これで約2200円

富山駅の北口整備工事、まだ続いていました。

 コンコースのパネル「路面電車のまち富山」 (ライトレールにまだ乗ったことない)
 20220305 富山路面電車.JPG


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

タグ:ロック
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。