SSブログ
遠出 石川県内 ブログトップ

宝達志水町の新たな直売所 Treasure Farm [遠出 石川県内]

今日は会社の休暇を取って兄と一緒に実家へ。

行きの途中で隣町の宝達志水町に立ち寄り。
兄が最近見つけて気になっていたという農作物の直売所風のところ。

  Treasure Farm(トレジャーふぁーむ 宝達志水町宿弐甲63-2)
  20210514 Treasure Farm1.jpg
  業務スーパーを営む株式会社モアショップヤマモトが母体の農場

奥にある苺のハウスを少しだけ見学させてもらいました。

  いちご狩り(いちご食べ放題30分)が楽しめるそうです(1月~5月、予約制)
  20210514 Treasure Farm2.jpg
  とちおとめ(左)、よつぼし(右)の2品種を栽培中
  20210514 Treasure Farm3.jpg

別のハウスで栽培しているトマトも販売していたのでお買い上げ。(ジュースやジャムなどの加工品も販売されています)

  20210514 Treasure Farm4.jpg
  町名からネーミングされた「志宝いちご」「志宝とまと」

トマトもイチゴも完熟状態で、車内はイチゴの甘い香りで満たされました。

  味も濃厚。力強い味です。
  20210514 Treasure Farm5.jpg


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

2019航空祭 in KOMATSU [遠出 石川県内]

振り返れば、13年前のイギリス赴任直後、最初の遠出はFarnborough International Airshowだった、飛行機に乗るのも見るのも好きな私です。

今回、初めて航空自衛隊小松基地の航空祭に行ってきました。(1961年に基地開設)

早起きして7時前の特急サンダーバードに乗車。
早朝にもかかわらず自由席は満席でした。

小松駅で降車し、会場までのシャトルバスに乗るのに30分待ち。
  20190916 小松基地航空祭1.jpg
  (帰り、会場の乗り場まで一時間半の行列でした、、)

開門7時45分。基地の敷地内に入る際はカバンの中身チェックを受けて入場です。
  20190916 小松基地航空祭2.jpg

迷彩柄の自衛官たち。食べ物、飲み物を販売するテントも出ていました。
  20190916 小松基地航空祭3.jpg

格納庫からエプロン方向。大きなC-130機
  20190916 小松基地航空祭3-1.jpg

ブルーインパルス仕様のランボルギーニ展示やコックピット展示も。

20190916 小松基地航空祭5.jpg20190916 小松基地航空祭4.jpg

救難装備品展示のコーナーでは、山岳遭難救助時に担ぐリュックを背負わせてもらいました。

 20190916 小松基地航空祭6.jpg
 20㎏弱、立っているのもやっと。隊員の皆さんに感謝です

航空機の地上および飛行展示を見ようとする人たちでギッシリ。
基地の反対側の旅客ターミナルビルのほうにも見物人ビッシリ。おそらく周辺の道路にも。

20190916 小松基地航空祭11.jpg20190916 小松基地航空祭8.jpg
20190916 小松基地航空祭10.jpg20190916 小松基地航空祭9.jpg

真上を戦闘機が飛んでいく、飛んでいく~

20190916 小松基地航空祭13.jpg20190916 小松基地航空祭14.jpg20190916 小松基地航空祭15.jpg

商用機(国内線、国際線)の離着陸の合間をぬって飛行展示が行われました。

20190916 小松基地航空祭18.jpg20190916 小松基地航空祭18-1.jpg

8機の大編成飛行です! 近づいて来た、来たー!

20190916 小松基地航空祭20.jpg20190916 小松基地航空祭21.jpg

飛行を終えて走行する機体も美しい。

20190916 小松基地航空祭22.jpg20190916 小松基地航空祭24.jpg

ブルーインパルスです。今回は6機プラス予備機。

20190916 小松基地航空祭17.jpg

統率のとれたキビキビした所作が見ていて気持ちいい。

20190916 小松基地航空祭27.jpg20190916 小松基地航空祭26.jpg

パイロット、手を振って飛行に向かいました。

20190916 小松基地航空祭28.jpg20190916 小松基地航空祭29.jpg

メインイベント。ブルーインパルスの美しい飛行が続きます。

          20190916 小松基地航空祭30.jpg

20190916 小松基地航空祭31.jpg


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

羽咋を千里浜まで歩く [遠出 石川県内]

今日は同級生と羽咋市内のフレンチレストランでランチをする約束があり、電車で羽咋へ。

いつものように「宇宙人サンダーくん」のお出迎え。
        20190831 羽咋1.jpg

20190831 羽咋2.jpg

待ち合わせまで時間があったので、駅から海(千里浜)まで歩くことにしました。

  20190831 羽咋3.jpg
  ゴゴゴゴゴ

ドドドドド 20190831 羽咋4.jpg

駅前の商店街、ゴーストタウンかと思うほど、誰も歩いていない、、

中学生のころ、タコ焼きを買いに入っていたお店がまだ営業中で懐かしさととも安心も。
  20190831 羽咋5.jpg

歩いていると、まるで昭和の時代にタイムスリップしたかのような錯覚。

日射しの暑い日でしたが風は爽やかで、30分ほどで海に到着。

20190831 羽咋6.jpg
                     8月最終日、浜茶屋が解体中

日本で唯一、波打ち際を車で走行できる千里浜なぎさドライブウェイです。

今年も新しい砂像が作られています。「かぐや姫」
  20190831 羽咋7.jpg

チコちゃんも。
  20190831 羽咋8.jpg

20190831 羽咋9.jpg

子どもの頃はそんな距離を歩くなんて思いもよらなかったけど、今はそれくらいの距離・時間は普通に歩くし、町自体がとても狭く感じられました。
私、ずいぶん大人になったんだなぁ~


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

奥能登絶景海道ドライブ 後編 [遠出 石川県内]

奥能登絶景海道ドライブの最後は、内浦コース。

能登のシンボル、見附島(みつけじま)
20190804 見附島1.jpg

別名、軍艦島。かっこいい。近くまで歩いて行けます。
20190804 見附島2.jpg

アイロンのようにも見える。
 20190804 見附島3.jpg

この時点で15時半ごろ。そろそろ帰りの時間が気になり始めました。

旅の醍醐味は、土地の景色を眺め、土地の人と話し、土地の味を楽しむこと。

自分へのお土産の買い物は、奥能登最古 能登杜氏発祥の蔵・宗玄酒造にて。(恋路海岸そば)
 20190804 宗玄酒造1.jpg
創業1768年

珠洲限定販売のお酒をお買い上げ~
20190804 宗玄酒造2.jpg

そして、最後の目的地はマルガージェラート能登本店(鳳珠郡能登町字瑞穂163-1)
  20190804 マルガージェラート1.jpg

Sherbeth Festival 2017(イタリア・パレルモ) 総合優勝、アジア人初の世界チャンピオンになったジェラート職人・柴野大造さんのお店。

代表作品ミルクはもちろん、季節ごとの商品など、いろんなフレーバーのジェラートが~♪
20190804 マルガージェラート2.jpg

私は二種類のジェラートをカップで(450円)注文。
  20190804 マルガージェラート3.jpg
  枝豆、世界大会優勝のパイン&セロリ&リンゴ(+100円)、おまけにブルーベリーを少々

枝豆は粒々の食感が感じられ、パイン&セロリ&リンゴはセロリの香りと味が珍しく。オイシー!

思い起こせば、以前金沢に住んでいた時、行きつけのセレクトショップTHE GINZAのスタッフから「友人が最近始めたマルガージェラートのお店、応援しているので、ぜひ行ってみてください」と勧められたのが最初に知ったキッカケ。
今は、私の実家がある羽咋の道の駅 千里浜でも売られているので、食べようと思えば手軽に食べられる。

柴野大造さん、TBS『情熱大陸』に続き、先日はNHK『世界はほしいモノであふれてる』『プロフェッショナル仕事の流儀』でも紹介されていたし、2020年にはドキュメンタリー映画「GELATO」にも出演予定とのことで楽しみ。
その他、奥能登関連で言えば、能登出身の奥さんと一緒に能登イタリアンの宿ふらっと(鳳珠郡能登町矢波27字26番地3)のシェフをやっているオーストラリア人のベンジャミン・フラットさんが紹介されていました。

今、奥能登が"キテル"ようです。

さて、金沢への帰路は穴水I.C.からのと里山海道に入り、途中、別所岳SAに立ち寄り。
20190804 別所岳SA1.jpg

別所岳スカイデッキ 「能登ゆめてらす」という七尾湾を一望できる展望台があります。

霞んで見にくいですが、和倉温泉方面(右)と能登島(左)を結ぶツインブリッジが見えます。
20190804 別所岳SA2.jpg

山羊の親子とも触れ合えます。
  20190804 別所岳SA3.jpg
  そばに生えている雑草を近づけると、すごい勢いでパクッ、ムシャムシャ

今回の奥能登絶景海道ドライブの総行程は約350km。
朝8時に金沢を出発し、18時半ごろ金沢に帰着する頃には真っ赤な夕陽が海に沈む前でした。

20190804 奥能登絶景海道.jpg

立ち寄った道の駅。
高松、輪島、千枚田ポケットパーク、すず塩田村、狼煙。

地元の採れたての新鮮な野菜が安く売られていました。
20190804 野菜.jpg


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

奥能登絶景海道ドライブ 中編 [遠出 石川県内]

奥能登絶景海道ドライブの続きです。
中編は、高台から展望を楽しむコース。

しおカフェを出発し、ゴジラ岩を見逃し(え?)、どんどん坂道を上っていきます。
すると、見晴らしのいい椿展望台に到着。

20190804 つばき茶屋6.jpg

能登半島国定公園は、通称外浦と呼ばれる半島西北海岸の海蝕崖景観と、内浦と呼ばれる東南海岸の沈降式海岸景観を主体とする。

ランチは椿展望台そば、つばき茶屋で。
20190804 つばき茶屋1.jpg
  20190804 つばき茶屋2.jpg

メニューは石ころに書かれた手作り。
20190804 つばき茶屋3.jpg

イカさま定食1100円、コスパ最高!
20190804 つばき茶屋4.jpg
イカの焼き加減が柔らかく絶妙
追加のお刺身も美味しい! 20190804 つばき茶屋5.jpg

お腹も満たされ、外浦をさらに東へ。(ドライバーはアルコール不要の人なのが幸い)

道の駅 狼煙(のろし)で見つけたツバメの巣。すっかり大きくなり巣立つ直前?の四羽。
  20190804 つばめ.jpg

ここで車を停め、狭い坂道を歩いて登ります。

20190804 禄剛埼灯台1.jpg
     20190804 禄剛埼灯台2.jpg
20190804 禄剛埼灯台3.jpg

日本列島ここが中心。
20190804 禄剛埼灯台4.jpg

能登半島最先端の岬、禄剛埼(ろっこうざき)。日本海の180度のパノラマ。
20190804 禄剛埼灯台6.jpg
ここからは、海から昇る朝陽、海に沈む夕陽の両方が見られます

禄剛埼灯台
20190804 禄剛埼灯台5.jpg

20190804 禄剛埼灯台7.jpg
   20190804 禄剛埼灯台8.jpg
   日本で唯一「菊の御紋章」がある灯台
   20190804 禄剛埼灯台9.jpg
方角を示す東西南北は漢字 20190804 禄剛埼灯台10.jpg

天気が良ければ(空気が澄んでいれば)、佐渡や北アルプスに連なる山々も見えるそうですが、この日は残念ながら霞んでいて見られず。
  20190804 禄剛埼灯台11.jpg

外浦最後の寄り道は、ランプの宿がプロデュースする空中展望台

20190804 ランプの宿空中展望台1.jpg
右端が空中展望台

ランプの宿を眼下に見下ろす。(展望台から先に行くには入場料500円)
  20190804 ランプの宿空中展望台2.jpg

20190804 ランプの宿空中展望台3.jpg
20190804 ランプの宿空中展望台4.jpg

海風のせいで木の幹・枝が陸側に曲がっています。
20190804 ランプの宿空中展望台5.jpg

エメラルドグリーンの透き通った海の水が意外な美しさで感動。
  20190804 ランプの宿空中展望台6.jpg

奥能登絶景海道ドライブの最後、後編へ続く~


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

奥能登絶景海道ドライブ 前編 [遠出 石川県内]

今日は会社の会社の後輩男性3人と奥能登絶景海道をドライブ。

石川県能登半島の最先端の珠洲市は、断崖地形特有の雄壮な絶景を味わえる「外浦」地域と、対照的に波穏やかな絶景「内浦」地域を合わせもち、国道249号から大谷狼煙飯田線の絶景を楽しめる海岸線沿いを「奥能登絶景海道」ルートと設定しています。

私たちは朝8時に金沢を出発し、のと里山海道を終点のと里山空港I.C.で降り、輪島へ北上。(途中、道の駅 高松で小休憩)

のと鉄道の旧輪島駅にできた「道の駅 輪島」に立ち寄り。

20190804 旧輪島駅.jpg
「のと鉄道」穴水-輪島間は2001年3月末をもって廃線

そして第一目的地、世界農業遺産「能登の里山里海」の代表的な棚田、白米千枚田に到着。(ここにも道の駅 千枚田ポケットパークあり)
     20190804 白米千枚田1.jpg
20190804 白米千枚田2.jpg
          20190804 白米千枚田3.jpg

輪島市を離れ、珠洲市に入る。

道の駅 すず塩田村の前、仁江(にえ)海岸
  20190804 仁江海岸1.jpg
  千畳敷の岩場が広がる景勝地

20190804 仁江海岸2.jpg
  岩の陰に小さな蟹、見~つけた!
  20190804 仁江海岸3.jpg
20190804 仁江海岸4.jpg

仁江海岸では日本で唯一、昔ながらの製法で塩を作る「揚げ浜式製塩法」が受け継がれています。
また、日本海に沈む夕陽も美しく、「日本の夕陽百選」にも選ばれています。

ここから車で3分ほど、ティータイムの目当て、しおカフェ(珠洲市片岩町ノ部12番)に到着。

20190804 しおカフェ1.jpg
建物の裏側から。抜けがあり、渡り廊下に立つと海風を感じられます

目の前にはバス停(赤島)
  20190804 しおカフェ2.jpg
  レトロな待合い小屋はなぜか少し離れている

店外には田舎ならではの光景 20190804 しおカフェ3.jpg

このあたりは限界集落と言っていい、高齢化と過疎化が進んだ地域。
長い間、空き家になっていた古民家を金沢工業大学の先生と学生さんなどが協力して建物をリノベーションし、カフェとショップに生まれ変わらせました。

しおサイダーカクテル(ノンアルコール) 400円(税別)
20190804 しおカフェ5.jpg

しおゼリーとカクテル「里山」
20190804 しおカフェ6.jpg

店内で愛想をふりまく新型アイボのソルトくん。まばたきしたり、シッポを振ったり可愛い。
20190804 しおカフェ4.jpg
真剣に買う(飼う)ことを検討しようかしら

吹き抜けになっている2階はギャラリー&ショップスペース。
20190804 しおカフェ7.jpg

大きな窓からは千畳敷の海の景観が望めます。
20190804 しおカフェ8.jpg

海を見つめるチコちゃん。
20190804 しおカフェ9.jpg

中編に続く~


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
遠出 石川県内 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。