SSブログ

印刷/版画/グラフィックデザインの断層 1957 - 1979 [アート&デザイン]

国立工芸館で「印刷/版画/グラフィックデザインの断層 1957 - 1979」を観てきました。

  20240211 国立工芸館1.jpg
  池田満寿夫「夏1」1964年

「東京国際版画ビエンナーレ展」の出品作家を中心に、版画とグラフィックデザインの様相を通して、印刷技術がもたらした可能性と意義を検証する展覧会です。

  第1回展のポスター 原弘デザイン メインビジュアルは葛飾北斎と棟方志功
  20240211 国立工芸館3.JPG

ビエンナーレ展は自国の地位を向上させ、参加国との交流を深める文化外交の意味合いもあったため、大使館などに配布する英・仏語版も作られた。

  第9回展のポスター 福田繫雄
  20240211 国立工芸館4.JPG

版画は裏表逆に彫る。このポスターのビジュアルと文字は上下逆。
さすがトリックアートを得意とする福田繫雄さんのデザインだわ。


同時開催「プレイバック1977年 ー工芸館の開館記念展」

  20240211 国立工芸館2.JPG
  増田芳徳 オブジェ「しのびあし」1977年
  佐々木象堂 蝋型鋳銅置物「采花」1959年


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。