SSブログ

金沢学 2022年4月講座「魅力的な金沢の仏像たち」 [学ぶ・読む]

今年度も金沢大学と北國新聞社の共同事業、市民公開講座「金沢学」を友人と受講することにし、今日が開講日でした。

2022年4月講座の演題は「魅力的な金沢の仏像たち」
講師は森雅秀氏(金沢大学 人間社会研究域 教授)

簡単に受講メモ。

阿弥陀三尊とは

  勢至菩薩(右脇侍)・阿弥陀如来(中尊)・観音菩薩(左脇侍)
  20220416 阿弥陀三尊.jpg
  (画像は京都国立博物館HPから拝借)

如来を中心に両脇侍(きょうじ)の三像のこと。
勢至菩薩は阿弥陀如来の「智慧」を、観音菩薩は「慈悲」をあらわす化身。

鬼子母神とは
子宝・安産祈願の神様。
子孫繫栄をあらわす吉祥果「ザクロ」を手にしている。
鬼子母神、普賢菩薩と共に法華経信仰を守護する「十羅刹女(じゅうらせつにょ)」という十人の大鬼神女がいる。

鬼子母神は救う神でもあり殺す神でもある。
天然痘などの病気から子どもを守る。
不妊祈願をし、一方で流産祈願もする。
供えるものとしては、底の抜けた柄杓(廓の遊女などの子どもを流したいという願い)、子どもの写真(エコー写真も。妊娠中絶した女性が供養のために)、子どもの着物(「背守り」は母親が子どもの着物の背中に縫い付けた刺繡。子どもを禍から守る魔除けの意味がこめられている)。

  東山の真成寺(しんじょうじ)の鬼子母神像(お寺のHPから拝借)
  20220416 真成寺鬼子母神像.jpg

●泉鏡花と摩耶夫人
幼くして母を亡くした鏡花は、お釈迦様の母親である摩耶夫人(まやぶにん)に母の面影を重ね合わせ、「夫人利生記(ぶにんりしょうき)」という小説を書いた。
金沢帰省のたびに、摩耶夫人尊天像を安置している善妙寺(末広町、卯辰山三社の奥)に詣でたと言われている。


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

タグ:仏像
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
慰労会枇杷と鉱物 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。